FC2ブログ

ヘラジカのツノその2

立派なツノが付きました。
本来は成長したツノにはビロードの革が被さっており、袋角(ふくろづの)の状態になっております。
成長したツノが姿を現すのには、その袋を破らないといけませんね。
ヘラジカは自分のツノの大きさを確認する為と同時にツノを木々にこすりつけ袋を破ります。
ツノの表面には血管の跡が残ってますよね。
ご存知の方もおられると思いますが、最初は血で真っ赤に染まったツノの状態です。
それが時間を経て見た目にも立派なツノになってお目見えするのです。

ツノの位置を確認してから最初は仮止めします。位置が決まれば繋ぎを付け根に盛り、ビスで固定。FRPが固まる間にビス頭隠し及びタッチアップを終わらせます。FRPの硬化確認をした後に、ツノの周りを仕上げて完成!

Posted by アートショップキリン on 2015年4月4日

コメント

非公開コメント

リンク
QRコード
QRコード