スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モフモフもふもふモフモフ

4月4日(月)からスタートする新人形劇「おかあさんといっしょ!ガラピコぷ~」のチョロミー、ガラピコ、ムームーが、新宿駅地下のメトロプロムナードにて皆さんをお待ちしてます。ふわふわ、もこもこ、ぷよぷよ 、つるつる、そしてピカピカ...

アートショップキリンさんの投稿 2016年3月30日
スポンサーサイト

新宿に巨大クロネコ出没中です!

おまたせしました!今年の夏から制作が始まってた“でかぶつ”制作。先日、多くのお客様が注目する中、その全貌が明らかになりました。“でかぶつ2号”の正体は、巨大クロネコ@全身バージョン⭐︎今回は、鼻を押せば「にゃ〜♪」と答えて、口...

Posted by アートショップキリン on 2015年9月28日

募集告知!

告知!!2015年/7月24日前後から作業に従事していただけるフリーランスの方を若干ですが、1名〜2名探しております。作業内容は発泡スチロール造形補助、染色、石膏型取り、FRP作業、後半フェイクファー等の貼込み補助、その他。経...

Posted by アートショップキリン on 2015年7月21日

ヘラジカのツノその2

立派なツノが付きました。
本来は成長したツノにはビロードの革が被さっており、袋角(ふくろづの)の状態になっております。
成長したツノが姿を現すのには、その袋を破らないといけませんね。
ヘラジカは自分のツノの大きさを確認する為と同時にツノを木々にこすりつけ袋を破ります。
ツノの表面には血管の跡が残ってますよね。
ご存知の方もおられると思いますが、最初は血で真っ赤に染まったツノの状態です。
それが時間を経て見た目にも立派なツノになってお目見えするのです。

ツノの位置を確認してから最初は仮止めします。位置が決まれば繋ぎを付け根に盛り、ビスで固定。FRPが固まる間にビス頭隠し及びタッチアップを終わらせます。FRPの硬化確認をした後に、ツノの周りを仕上げて完成!

Posted by アートショップキリン on 2015年4月4日

ヘラジカのツノ

知ってますか?
鹿のツノは毎年生え変わるんですよ。
ヘラジカの場合も同様で、このような大きなツノが毎年自然に落ちて新しいツノに生え変わります。
ツノの生え際にはかさぶたみたいな血袋のような物が現れます。
その中で新しいツノが生成されるわけです。
中にはツノに栄養を送る為の血管もはしっているのでこのような大きなツノも直ぐに出来るようです。凄いですよね!

前半最後のヘラジカのツノ付け前。しっかり養生したら取り付け開始です。今から取り付けまーす。

Posted by アートショップキリン on 2015年4月3日
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。